ロボプロ全国大会

専門家も驚愕の作品が披露される、
未来のエンジニア、クリエイターの競演!

審査委員長の古田先生をはじめ、審査員はロボット界のプロフェッショナルばかり。
そのような面々が、出場者に対するおもねりは一切抜きでの絶賛をやめない、超ハイレベルな大会となっています。
プロ顔負けのアイデアと技術の祭典を、2017年から計3回開催しています。
これまでに実施された競技部門のご紹介と、過去の大会レポートをご覧ください。

テーマパフォーマンス部門

テーマに沿ったオリジナルロボットを創作し、特徴や動作を発表するコンテスト競技です。
ロボプロの教室で得た専門的な学びを元に、アイデアの独創性を競います。
プレゼンテーションも採点を大きく左右するため、大人顔負けの発表が繰り広げられます。

ライントレース部門

4色の線でできたコースをセンサーで読み取り走行するスピード競技です。
ハイレベルであるがゆえに、ちょっとしたプログラムミス、ロボットの調整具合、
そして、出場者の緊張度合いが如実に反映される、厳しい戦いの場。
予選の前評判が覆りやすい点も、会場の興奮を高めます。

Arduino創作部門

マイコンボードを使って製作したロボットや作品を、プログラムにより自律制御された状態にして発表し、
アイデアの独創性、制御(技術点)、デザイン性、プレゼンテーションを総合的に審査する競技です。
大人の想像を超えるクオリティや演出に、会場には感嘆の声が溢れます。

開催予定のロボプロ全国大会の案内

  • COMING SOON

これまでのロボプロ全国大会報告

  • 第3回ヒューマンアカデミーロボプロ全国大会

    2019年11月2日(土)日本科学未来館にて第3回ロボプロ全国大会が開催されました。総勢15名の選手たちが、ライントレース部門・テーマパフォーマンス部門・Arduino創作部門で熱い戦いとプレゼンを繰り広げました!

    くわしくはこちら

  • 第2回ヒューマンアカデミーロボプロ全国大会

    2018年10月27日(土)千葉工業大学・東京スカイツリータウン®キャンパスにて第2回ロボプロ全国大会が開催されました。予選を勝ち抜いた、12歳~16歳の総勢14名の選手達と、ロボットクリエイターとして活躍する卒業生1名が、競技とプレゼンに臨みました!

    くわしくはこちら

  • 第1回ヒューマンアカデミーロボプロ全国大会

    2017年12月2日(土)千葉工業大学・東京スカイツリータウン®キャンパスにて第1回ロボプロ全国大会が開催されました。予選を勝ち抜いた、12歳~17歳の総勢15名の選手達が、競技とプレゼンに臨みました!

    くわしくはこちら

to top