こどもプログラミング教室とは?

小学校でのプログラミング必修化が決まったこともあり、
子どもたちにプログラミングを教える教室が増えています。
あふれる選択肢の中で、
教室選びに迷われている保護者さまは多いと聞きます。
ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室は、
開校以来、着実に支持を伸ばしています。

「自発的に学習できる子どもたちを育てる」という、
ヒューマンアカデミーの理念の下、どの教室でも、
受講生の驚きや感動があふれています。
一見、難しそうなプログラミングの教室で、
なぜ、多くの愛らしい声が響くのでしょうか?
このホームページを読み進んでいただければ、
理由がお分かりになっていただけるはずです。

ヒューマンアカデミーならではの
3大特長

  • 国内シェアNo.1の「ロボット教室」を始め、「ロボティクスプロフェッサーコース」「サイエンスゲーツ」「ランゲージスクール」等を通じて確立した、『お子さまが自分から通いたくなる』ノウハウを、こどもプログラミング教室においても活かしています。

  • ヒューマンアカデミーの児童教育は、よくある、『お子さまは先生の言うことを聞いてその通りにする』習いごととは一線を画しています。一人ひとりの習熟度や個性を見つめながら、『お子さまが自発的に考え、試行錯誤する』ことに重点を置いたカリキュラムを完成させています。

  • まず、最初でつまずいたり、嫌になったりしないこと。達成感を得る喜びを連続させることを計算した教材を開発しています。パソコン初心者が、知らずのうちに操作を習得できるようになり、考える力をどんどん伸ばせるように、あらゆる仕掛けが施された教材になっています。

プログラミング必修化について

文部科学省は、「2020年度より小学校における
プログラミング教育を必修化する」と発表しました。
プログラミング教育とは、子どもたちに、
意図した処理を行うようコンピュータに指示することが
できるという体験をさせながら、
時代を超えて普遍的に求められる力としての
「プログラミング的思考」などの育成を目的としています。
この目的の達成は、大学入試にも、
あらゆる職業においても役立つ
将来を生き抜く力の獲得にほかなりません。

プログラミング教育で、将来に役立つ力を育みます。

これからは従来の学力に加えて、自ら課題を発見し、解決するために必要な「思考力」「判断力」「表現力」などの能力や、
主体性を持って多様な人々と協業しながら学ぶ姿勢が重視されます。これらの能力はプログラミング教育で伸ばせます!

カリキュラム・コース紹介

3年間の受講がオススメです。
「パソコンが初めて」のお子さまが、
「言語プログラミングの実行」を身につけるまで成長します。

ベーシックコース

スモールステップで、
パソコン初心者のお子さまでも着実にスキルアップ

操作・作成・改造・発表の1サイクル(1ターム)を
3ヶ月かけて学び、1年間の4サイクルを通じて、
知識とスキルの定着をはかれるように設計されています。

  • 操作

    パソコンを動かしてみよう

    お子さまであれば誰でも
    興味津々になる
    『謎解き』ゲームをしているうちに、
    自然とパソコンの操作に
    慣れていきます。

  • 作成

    プログラムをつくってみよう

    さぁ、実践です。
    カンタンなプログラムの作成を通じて、
    「あ、できた」という最初の成功体験を
    お子さまに与え、
    プログラミングに
    慣れるようにしていきます。

  • 改造

    プログラムを改造してみよう

    自分なりのプログラム改造を通じて、
    「自分で考え、実行し、
    試行錯誤を経て、目標達成」という、
    一段上の成功体験を
    お子さまに与えていきます。

  • 発表

    みんなに発表してみよう

    クラスメイトに、
    自身の改造を発表します。
    学んだことを「使える力」に
    変えるための表現力を養う、
    1サイクルの仕上げのステップです。

ミドルコース

毎月、「基本製作」→「応用実践」を繰り返していきます。

  • 基本製作(90分)

    教材を使ったプログラム作成

  • 応用実践(90分)

    プログラムの改造・発表

アドバンスコース

毎月、「基本製作」→「応用実践」を繰り返していきます。

  • 基本製作(90分)

    教材を使ったプログラム作成

  • 応用実践(90分)

    プログラムの改造・発表

カリキュラム詳細

ベーシックコース(1年目)

受講対象:小学校3年生~(推奨)
 受講期間:1年間(月2回/90分授業)

ベーシックコースの特徴

  • マウスの操作から、パソコン操作スキルを学びます。
  • プログラムを確実に完成させることで達成感を得ることができます。
  • 初心者から段階的に、高度な「改造」「発表」までを体験します。
  • 3ヶ月6回の授業を1タームとして、段階的な学習を繰り返します。
開催日 学習目的 主な学習内容
スタートアップ講座 入会時にご受講いただく
レッスン
Scratchの基本的な使用方法を学習し、本編の授業に備えます。
1回目 パソコンツールの
基本操作を習得
国語や算数などの様々な能力を用いながら、パソコンを使って謎を解きます。「謎解き」という目標を達成する過程でパソコン操作を習得していきます。
2回目 3回目 指定のプログラムを作成 テキストの指示に従って、課題として出題されたアニメーション/ゲームをプログラムで作成します。「プログラムの作成→動かす→プログラムの完成」までのプロセスを体験し、自信を高めます。また、学習内容を振り返る機会を随所に設け、少しずつ理解を高めながら学習を進めます。
4回目 5回目 プログラムの
改造検討と作成
2回目、3回目で作成したプログラムの改造を考えて、イメージを紙に書き出します。考えた内容の完成を目標としてプログラムを作成していきます。もちろん失敗することもありますが、「なぜこうなったと思う?」と気づきを促す問いかけをすることで多くの気づきの機会を設けます。
改造内容の発表 プログラムの
改造検討と作成
「改造内容を選んだ理由」「苦労・工夫した点」「解決方法」など、プログラムを改造するときに考えたこと、実行したことを発表します。他の生徒の発表を聞くことで多様な考え方に触れ、自分自身の発想を広げるきっかけを作れます。
開催日 スタートアップ講座
学習目的 入会時にご受講いただくレッスン
主な学習内容 Scratchの基本的な使用方法を学習し、本編の授業に備えます。
開催日 1回目
学習目的 パソコンツールの基本操作を習得
主な学習内容 国語や算数などの様々な能力を用いながら、パソコンを使って謎を解きます。「謎解き」という目標を達成する過程でパソコン操作を習得していきます。
開催日 2回目 3回目
学習目的 指定のプログラムを作成
主な学習内容 テキストの指示に従って、課題として出題されたアニメーション/ゲームをプログラムで作成します。「プログラムの作成→動かす→プログラムの完成」までのプロセスを体験し、自信を高めます。また、学習内容を振り返る機会を随所に設け、少しずつ理解を高めながら学習を進めます。
開催日 4回目 5回目
学習目的 プログラムの改造検討と作成
主な学習内容 2回目、3回目で作成したプログラムの改造を考えて、イメージを紙に書き出します。考えた内容の完成を目標としてプログラムを作成していきます。もちろん失敗することもありますが、「なぜこうなったと思う?」と気づきを促す問いかけをすることで多くの気づきの機会を設けます。
開催日 改造内容の発表
学習目的 プログラムの改造検討と作成
主な学習内容 「改造内容を選んだ理由」「苦労・工夫した点」「解決方法」など、プログラムを改造するときに考えたこと、実行したことを発表します。他の生徒の発表を聞くことで多様な考え方に触れ、自分自身の発想を広げるきっかけを作れます。

ミドルコース(2年目)

受講対象:ベーシックコースを修了した方
 受講期間:1年間(月2回/90分授業)
※曜日・時間は教室によって異なります。

ミドルコースの特徴

  • 提供する情報を減らし、より生徒が考えて作成する部分を増やします。
  • 教材では「目的」を強調し、それを意識してプログラミングを進めます。
  • 作成した部分をこまめに動作確認し、動きを確かめながら確実に進めます。
  • 「キーボード入力」や「ファイル操作」等、パソコンの機能を使う機会を増やします。
  • 月に2回の授業で完結します。※ベーシックコースとは異なり、3か月1タームではありません。
開催日 学習目的 主な学習内容
1回目 基本製作(90分) 教材を使ったプログラム作成
2回目 応用製作(90分) プログラムの改造・発表
開催日 1回目
学習目的 基本製作(90分)
主な学習内容 教材を使ったプログラム作成
開催日 2回目
学習目的 応用製作(90分)
主な学習内容 プログラムの改造・発表

アドバンスコース(3年目)

受講対象:ミドルコースを修了した方
 受講期間:1年間(月2回/90分授業)
※曜日・時間は教室によって異なります。

アドバンスコースの特徴

  • プロも使用する「JavaScript」で本格的なゲーム作成をします。
  • たくさんの文字入力をしたり、ファイルの操作をすることによりより高度なパソコンの使い方が身につきます。
  • 作成した部分をこまめに動作確認し、動きを確かめながら確実に進めます。
  • 月に2回の授業で完結します。※ミドルコースと同様です。
開催日 学習目的 主な学習内容
1回目 基本製作(90分) 教材を使ったプログラム作成
2回目 応用製作(90分) プログラムの改造・発表
開催日 1回目
学習目的 基本製作(90分)
主な学習内容 教材を使ったプログラム作成
開催日 2回目
学習目的 応用製作(90分)
主な学習内容 プログラムの改造・発表

教材費用と受講料

入会金 10,000円(税別)
授業料 月額 9,000円(税別)
教材費 月額 600円(税別)
バッグ・バインダー代 2,000円(税別)(入会時のみ)
入会金 10,000円(税別)
授業料 月額 9,000円(税別)
教材費 月額 600円(税別)
バッグ・
バインダー代
2,000円(税別)(入会時のみ)

CLASSROOM教室の様子

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室は、楽しい雰囲気の中で、
熟練の先生に相談しながら課題解決を繰り返していける教室です。
驚きや感動が随所に芽生える工夫に満ち、画面の中のキャラクターやビジュアルは可愛く、
プログラムによっての動きや音や色にもお子さまをくすぐる要素を散りばめているため、愛らしい嘆声が絶えない教室です。

大井町校の様子

年齢が異なる4人のお子さまが賑やかに学ぶ授業の様子です。
この日は、受講コースも異なるお子さまが集まったこともあって、先生も2人体制でした。
プログラミング教室は女子の人気が高いため、男女比率が同等になるケースも多いようです。
習熟度が高いお子さまが、初心者のお子さまを教える微笑ましい場面が見られたり、
自分たちのプログラムによって見たことのない動きが現れる瞬間の歓声が響きます。
まさに、楽しく学べる教室であることがよく分かる授業でした。

  • 三浦先生にお話を伺いました。

    この教室で教えていると、お子さまたちの成長が見えやすい形で増えていくという実感が日々得られます。

    たとえば、最初は一つひとつ手順を示さないとパソコン操作をできなかったお子さまが、数ヶ月すると『いつもの操作をしてみて』と言うだけで、ファイルを開いてプログラムを書く準備までできるようになります。

    プログラムを書き間違えて動かない時、何もできずに固まっていたお子さまが、自分でエラーの状況と原因を調べられるようになります。

    次第に、間違いが少ないプログラムをつくれるようになり、それを効率よくつくれるようになり、個性が反映されたデザインや絵とともにお気に入りのプログラムを完成できるようになるなど、お子さま一人ひとりの性格やレベルに応じた成長を目の当たりにできることは、この教室ならではの、うれしい「先生冥利」ですね。

  • 岩下先生にお話を伺いました。

    プログラムが思い通りに動いた時、面白い動きを実現できた時、音を鳴らせた時、つくった作品で他の生徒と遊ぶ時など、お子さまたちが歓声や嘆声をあげる瞬間が多いことは、この教室で教える喜びのひとつです。

    保護者の方からは、『スクラッチでもすごいゲームをつくれるんですね』とか、『JavaScriptでプログラミングなんて本格的ですね』などのお声をいただくことも多いのですが、『家で何かうまくいかないことがあった時に、確認したり原因を考えるようになりました』『学校でパソコンを使う時にクラスのヒーローになっているみたいです』『何をするにも視点が広がった気がします』『すぐに諦めたり嫌になって投げ出す癖がなくなりました』といった、ふだんの暮らしや学校生活に役立っているお話を聞くと、本当にうれしいです。

  • 大井町校 アドバンスコース
    さくはさん(小4)

    自分の好きなゲームを作れるので楽しい!

    パソコンをきちんと使えるようになりたくて、教室に通い始めました。ダブルクリックやキーボードの使い方から勉強し始めて、今では自分でゲームを作れるようになりました。

    自分の好きな音やキャラクターでゲームを作り、遊べるところが面白いです。授業では自分で頑張ったところを発表したり、作ったゲームを教室のみんなで見せ合ったりします。

    将来の夢は、小学校の先生です。パソコンを使った授業でいろいろなことを教えたいです。

ADVISOR教材監修者紹介

鳥井雪さんプロフィール

鳥井雪さんプロフィール

Railsプログラマーとして活躍し、女性にプログラミグの技術を解放する世界的ムーブメント「RailsGirls」の、日本でに普及にも尽力する。その功績を認められ、2013年楽天テクノロジーアワード ルビー賞受賞。
RailsGilrsの創始者の一人である、リンダ・リウカス著のプログラミグ教育絵本『ルビィのぼうけん』を翻訳、1カ月経たず3刷2万部のヒットとなり、プログラミグ教育必修化にむけての一助となる。
翻訳に『ルビィのぼうけん こんにちはプログラミング』『ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ』『プログラミングElixir (笹田耕一と共訳)』

プログラミング教育の裾野拡大に
力を注ぐ鳥井雪さんが監修

女性にプログラミングの技術を解放する世界的ムーブメント「RealGirls」の日本での普及に尽力し、楽天テクノロジーアワード「ルビー賞」を受賞した鳥井雪さんが、ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室の教材を監修しています。プログラミングは楽しく、を実践し続けている鳥井さんの、教材監修と子どもたちにかける想いをご覧ください。

鳥井雪さんプロフィール

鳥井雪さんプロフィール

Railsプログラマーとして活躍し、女性にプログラミグの技術を解放する世界的ムーブメント「RailsGirls」の、日本でに普及にも尽力する。その功績を認められ、2013年楽天テクノロジーアワード ルビー賞受賞。
RailsGilrsの創始者の一人である、リンダ・リウカス著のプログラミグ教育絵本『ルビィのぼうけん』を翻訳、1カ月経たず3刷2万部のヒットとなり、プログラミグ教育必修化にむけての一助となる。
翻訳に『ルビィのぼうけん こんにちはプログラミング』『ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ』『プログラミングElixir (笹田耕一と共訳)』

鳥井雪さんからのメッセージ

プログラミングは、自分が想像した「こんなことができたらいいな」を、
コンピュータの力を借りてほんとうにする、とても素敵なパワーです。
コンピュータのことをちょっと怖いなって思っている子も、難しそうだと思っている子も、
まずはコンピュータに触って、動かして、そのパワーを感じてみてください。
自分の考えたことがほんとうに動く楽しさにふれてみてください。
もしうまくいかないことがあっても、コンピュータはいつまでもあなたの「こうやったらどうかな?」につきあってくれます。
教室で先生に聞いて、一緒に考えてもらうこともできます。

ヒューマンアカデミーのカリキュラムでは、あたらしいものを自分で作れるようになるまでに、
まずゲームを動かして入り口にたってみるための、丁寧な教材とカリキュラムが用意されています。
プログラミングって、とてもわくわくする体験ですよ!
コンピュータと仲良くなって、新しい創造の扉を開く子どもが増えることを願っています。
大人はほんとうに子どもが未来に必要とすることを、すべて用意することはできません。
子どもたちが新しい力で、自分たちの新しい世界をつくっていくことを信じています。

鳥井雪さんによるプログラミングにまつわるコラムはこちら

FC加盟をご検討中の方へ

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室は、全教室がFCパートナーにより運営されています。
生徒の自主性を引き出し、自ら壁を乗り越えていけるように計算されたカリキュラムや教材は、
児童教育に熱い気持ちをお持ちの先生方に支持され、加盟教室は増加の一途をたどっています。
学習塾に新たなコンテンツとしてご採用いただくケースの他にも、
例えばピアノ教室を運営されている方にご加盟いただくようなケースも増えています。
説明会、開講前研修、開講後のサポートも、
FCの皆さまからのご意見も参考にさせていただきながらアップデートを重ね、充実度を高めています。
ビジネス面、やりがい面、双方での達成感が得られる「ヒューマンパートナーズ」の一員に、ぜひご加盟ください。

to top