電気

ハンドパワー!?
見えない力で風船を動かす

風船同士を近づけると動き出す!?
条件を変えた時の動きの違いも観察しよう!

材料

  1. 風船(2こ)
  2. ハンカチ
  3. 糸(タコ糸など)

実験の手順

STEP 1
風船を2つとも膨らませる。
STEP 2
片方の風船(A)にひもをくくりつける。
STEP 3
ひもをお家の人に持ってもらうか、高い所に結んで風船(A)を浮かせる。
STEP 4
浮かせた風船(A)をハンカチで30回ほどこする。
STEP 5
もう片方の風船(B)も同じようにハンカチでこする。
STEP 6
風船(B)をゆっくりと、風船(A)に近づけると…?
浮いた風船(A)はどうなる?

解説「どうして、こうなったの?」

これには静電気が関係しています。
電気にプラスとマイナスがあるのはご存知のことと思いますが、綿のハンカチでこすることで風船はプラスの電気を帯びます。同じようにもう1つの風船をこすると、こちらもプラスの電気を帯びます。そしてその風船同士を近づけるとプラスとプラスで反発し合い、ひもでつるした方の風船が逃げるように動いた、というわけです。
ちなみに、ハンカチの素材によって、プラスになるかマイナスになるかは異なります。
詳しく調べてみても、おもしろいかもしれませんね。

さらにすすんで

  • ハンカチや布の素材を変えてみると、どうなる?(絹、ポリエステルなど)
  • こする回数を変えてみると、風船の動き方は変わるかな?
監修者紹介
阿部 麻里 氏(通称 あべまり先生)
東京都公立小学校の教員として7年間勤務したのち、2018年より「わくわくキッズ」として独立。「楽しく学ぶ」をモットーに、子どもの認知や発達に合わせた科学実験・算数プログラム、プログラミング遊びなどを展開。年間100回以上の対面・オンラインワークショップやサイエンスショーを受け持つ。
一覧に戻る
to top