食塩

塩でくっつく?
氷と塩で、くっつきマジック

塩がタコ糸と氷を
くっつける!?
どんな仕組みなのか
実験してみよう!

材料

  1. 氷(2こ)
  2. 塩(ひとつまみ)
  3. タコ糸(2本)

実験の手順

STEP 1
お皿に氷を1つずつのせる
STEP 2
両方の氷にたこ糸をたらす
STEP 3
片方の氷はそのまま、もう片方の氷には塩をひとつまみかける
STEP 4
1分ほど待つ
STEP 5
両方のタコ糸をそーっと持ち上げる
「塩をかけた方の氷は、タコ糸とくっついた!」

解説「どうして、こうなったの?」

氷は通常ゆっくりと溶け、その時に周りの熱をうばいます。
しかし、塩をかけると氷は早く溶けてしまうため、周りの温度を急激に下げます。
この時、周りの温度は0℃以下になるとも言われています。
つまり、塩をかけた方は、【急激に氷がとける→温度が急激に下がり、溶けた水が氷る】ことによって、タコ糸が氷にくっついたというわけです。

さらにすすんで

  • 塩の量を変えてみたら、結果に違いはでるかな? (塩を増やす、または、減らす)
  • 塩以外の調味料でもできるかな? (砂糖や小麦粉、塩分のある醤油など)
  • タコ糸をつけずに、普通の氷と塩をかけた氷の解け方を観察してみよう

実験のヒント

塩をかけてもくっつかなかったときは:

  • タコ糸がしっかり氷と接しているか。確認しよう
  • タコ糸を強く氷に押し付けよう
  • 持ち上げる時に、ゆっくり持ち上げてみよう
  • タコ糸ではなく、氷の方を持ち上げてみよう
監修者紹介
阿部 麻里 氏(通称 あべまり先生)
東京都公立小学校の教員として7年間勤務したのち、2018年より「わくわくキッズ」として独立。「楽しく学ぶ」をモットーに、子どもの認知や発達に合わせた科学実験・算数プログラム、プログラミング遊びなどを展開。年間100回以上の対面・オンラインワークショップやサイエンスショーを受け持つ。
一覧に戻る
to top