アドバイザー紹介アドバイザー紹介

  • ロボット教室 監修・アドバイザー
    高橋 智隆先生
    監修コース
    ・プライマリー
    ・ベーシック
    ・ミドル
    ・アドバンスプログラミング 各コース
    • ロボットクリエイター
    • 東京大学
      先端科学技術研究センター
      特任准教授
  • ロボット教室 監修・アドバイザー
    古田 貴之先生
    監修コース
    ・ロボティクス
    プロフェッサーコース
    • 千葉工業大学
    • 未来ロボット技術研究センター
      (fuRo)所長
高橋 智隆 先生プロフィール
2003年京都大学工学部物理工学科卒業と同時に、京都大学学内入居ベンチャー第1号となるロボ・ガレージを創業。ロボットクリエイターとして、ロボットの研究、設計、デザイン、製作を手がけている。代表作にロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」、世界初の対話できるロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」(トヨタ自動車、電通と共同開発)など。

高橋 先生からのメッセージ

「ロボット教室」の教材となるロボット作例を開発しています。子どもの頃は私自身がロボット少年でした。市販のブロックや、ギアボックスなどの部品を組み合わせ、たとえば車輪で動いてパンチを繰り出すロボットを作ったものですが、思い通りに動いたときのワクワク感は今も同じです。

ロボット教室ではオリジナルのブロックを用いてロボットを作ります。ブロックは試行錯誤がしやすく、触りながら考えることで斬新なアイデアを生み出すことができます。工夫して、時には失敗し、原因を考えて作り直し、徐々にロボットを完成させていく喜びを、多くの子どもたちに体験してもらいたいです。

教育のあるべき姿は「遊びのように楽しく夢中になっていたら、実は学んでいた」というものだと考えています。それが効率良く、深く、長く学んでいく秘訣です。ロボット教室のカリキュラムは、誰でも取り組みやすく、楽しく学べるよう心掛けて開発しています。

ロボット教室では、私が作りたいと思っていたロボットを独力で実現させてしまう子どもや、大人が思いもつかないロボットを作り上げる子どもに出会えます。毎年開催される「ヒューマンアカデミーロボット教室全国大会」では日本全国、そして海外から選抜された子どもたちが、自作のロボットを持って集まります。例えば、重心移動しながら安定して二足歩行するロボットや、変形するロボットなどのアイデアや完成度にとても驚きました。

ロボットクリエイターとして、ロボット教室を通じて子どもたちの素晴らしい才能を発見し、育てることに大きな喜びを感じています。これから、次代を担う子どもたちと共に、ロボットと暮らす未来を一緒に実現させていきたいと思います。

高橋 先生 監修コース
プライマリーコース
ベーシックコース
ミドルコース
アドバンスプログラミングコース
コースの内容について詳しくはこちら
古田 貴之 先生プロフィール
工学博士、千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長。未来ロボット技術研究センター(fuRo)は、学校法人千葉工業大学のロボット研究拠点。日本で初めての法人直轄の研究所として2003年6月に誕生。福島第一原発に投入された国産ロボットの開発など多くの国家プロジェクトを手がける。

古田 先生からのメッセージ

「ロボティクス プロフェッサーコース」は、ロボットに興味をもった子どもたちの可能性を伸ばすためにつくられました。ロボットのことを趣味で終わらせず、「将来ロボット関連の仕事につきたい」「専門的なロボット工学について学びたい」という思いに応えたいと思っています。人間は、好きなことであればどんどん突き詰めていけるし、その分野でトップを目指すことができる。ましてそれがロボット工学であれば、大きな可能性が広がります。

そもそも数学、物理、化学といった学問があり、それらを応用するために工学が生まれ、産業が発達し工学が進化、細分化して機械、電気、ITといった技術になりましたが、それらを統合したのがロボット工学です。そして、ロボット工学は社会の様々な場面で活かされるようになったのです。

ロボット工学の第一線にいると、世の中に理系文系の境界はないことを実感します。私は本コースを理系文系関係なく、誰もが楽しく遊べるプログラムとし、ロボット作りを通して、自然と数学と物理の知識が身につき、ロボット工学を習得できるように設計しています。私自身、元々は「ド文系」で数学物理が嫌いでしたが、ロボットが好きで、ロボット博士になりたかったので、マスターすることができたのです。

今、衣食住をはじめ新しい商品や社会の仕組み、コミュニティ、インフラなどを作っていく時に求められているのは「グランドデザイン」、全体を設計する能力です。そこにおいてロボット工学、ロボットがツールとして活用されているわけです。私はよく「ロボット工学は現代の魔法使いだ」といいますが、本コースで現代の魔法使い=サイエンスリーダーを増やして、未来をより良く変えていきたいと思っています。

古田 先生 監修コース
ロボティクスプロフェッサーコース
コースの内容について詳しくはこちら