第1回ロボプロ全国大会 結果発表

2017年12月2日(土)千葉工業大学東京スカイツリータウン®キャンパス内にて、ヒューマンアカデミーロボット教室 ロボティクスプロフェッサーコース初のコンテストである「第1回ロボプロ全国大会」を開催しました。


予選を勝ち抜いた、12歳~17歳の総勢15名の子ども達が、各部門の優勝・最優秀賞・MVP賞を目指して競技・プレゼンに臨みました。各部門でアイデアと技術を競い合い、非常にレベルの高い大会となりました!

審査委員長 古田 貴之先生の総評

ロボティクスプロフェッサーコースが開講して4年目にも関わらずこんなにハイレベルな作品が出てくるとは思いませんでした。また、こんなにおもしろいライントレース競技の大会を、私はこれまで見たことがありません。

本大会は、これからの未来を感じられる大会だったと思います。ロボットを作ることも重要ですが、「ロボットの技術をどう使うか、その技術を使って世の中をどう良く変えていくか」が最も重要だと思います。来年の大会も楽しみにしています。

古田 貴之先生 写真

第1回ロボプロ全国大会 結果発表

MVP賞

大阪府・狭山池前教室 鳥山 樹君(17)

大阪府・狭山池前教室 鳥山 樹君(17)

大阪府・狭山池前教室 鳥山 樹君(17)

大阪府 狭山池前教室 鳥山 樹君(17歳)

創作ロボット部門 最優秀賞
作品名「ジャンプするカエルロボット」

鳥山君のコメント
まさかMVP賞があるとは思っていなかったので、びっくりしています。

古田先生からのコメント
全てが圧倒的でした。びっくりしました。ロボットのコンテストでここまで驚かされることは、そうそうないです。
ロボット技術は色々ありますが、根本は(見る)人の心を動かすことができることだと思います。これはお料理やスポーツと同じです。久しぶりに心を揺さぶられました。

鳥山君は創作ロボット部門に出場し、機構を重視した【ジャンプするカエルロボット】を製作。
古田先生も驚く完成度の高い作品を発表し、見事MVPとなりました!おめでとうございます!

今回、古田先生からの強いご要望により
MVPが2名に!

MVP賞

大阪府・狭山池前教室 鳥山 樹君(17)

大阪府・狭山池前教室 鳥山 樹君(17)

大阪府・狭山池前教室 鳥山 樹君(17)

愛知県 国府教室 伊藤 空君(15歳)

ライントレース部門 優勝

伊藤君のコメント
MVP賞に選ばれて、本当にうれしいです。
今回、全国大会に出たいと言ったときに、お父さんもお母さんも「受験勉強があるけど、頑張れるのだったら」と背中を押してくれたことに感謝しています。教室の先生も毎日のように付き合ってくれて、一番良いプログラムをつくることができて、本当に感謝しています。

古田先生のコメント
本当はMVPは1人なんですけど、今回、どうしてももう1人(伊藤くん)にも出したかった!おめでとうございます!ご両親の理解があっての優勝だね。

伊藤君はライントレース部門に出場し、圧倒的な速さと正確な走行で優勝を果たしました。
走行する環境の変化によって、練習通りの走りにはならずコースアウトするロボットも多い中、伊藤君のロボットはすべての対戦で完走。その高い技術力が古田先生に評価され、今回二人目のMVPとなりました。おめでとうございます!

ライントレース部門 優勝

ライントレース
部門優勝

愛知県 国府教室 伊藤 空君(15歳)

伊藤君のコメント
本番でもうまくいって良かったです。
(決勝では)電池を変えようかと思ったけど、怖くて変えられませんでした。

古田先生のコメント
圧倒的でしたね。勝利に対する準備といい、ライントレースでこんなに感動するとは思いませんでした。

ライントレース部門詳細はこちら >

フリー走行部門 最優秀賞

フリー走行部門
最優秀賞

東京都 中野教室 川奈部 和音君(13歳)

作品名「種まきロボSEEDS POINTER」

川奈部君のコメント
本番では壁の隙間に引っかかりロボットが止まってしまうなど少し失敗してしまいましたが、優勝できてよかったです。

古田先生のコメント
プレゼン・テーマ・技術力(プログラミングで環境を判断して動き、実用的なミッションをこなす。)が素晴らしい!

フリー走行部門 詳細はこちら >

創作ロボット部門 最優秀賞

創作ロボット部門
最優秀賞

大阪府 狭山池前教室 鳥山 樹君(17歳)

作品名「ジャンプするカエルロボット」

鳥山君のコメント
最優秀賞に選ばれて、普通にうれしいです。
これは8台目のカエルロボットなのですが、まだまだ満足いくものが作れていないので歴代の作品から良い部分だけを組み合わせて、近々最高のカエルロボットを製作したいと思っています。

古田先生のコメント
まだまだと言って上を目指すところがすごいです!
ジャンプやバク宙(後方宙返り)するロボットが発表されていますが、それらのロボットは油圧で作動しています。モーターでジャンプするロボットを作るのはほぼ不可能と言われている中、鳥山君はこの作品を作り上げた。これはとても高度なことです。学会に発表しても良いレベルと言えますね。

創作ロボット部門 詳細はこちら >

ロボプロ全国大会 フォトアルバム

ロボプロ全国大会 ダイジェスト動画

子ども達が制作したレベルの高いオリジナルロボットの技術やアイデア、完成度をご覧ください。