• ヒューマンアカデミー
    ロボット教室アドバイザー
    高橋 智隆 先生
    ロボットクリエーター
    東京大学先端科学技術研究センター特任准教授
    2003年、京都大学工学部卒業。
    代表作にロボット電話「ロボホン」、ロボット宇宙飛行士「キロボ」、ディアゴスティーニ「週刊ロビ」、グランドキャニン登頂「エボルタ」など。ロボカップ世界大会5年連続優勝。現在、㈱ロボ・ガレージ代表取締役、東京大学先端科学技術研究センター特任准教授などを務める。

お近くの教室を検索して「体験授業」にご参加下さい!

体験授業に参加する

ヒューマンアカデミー ロボット教室の特長

ブロックを使ったロボット教室が大切にしているのは、こども自身が「考える」「生み出す」ためのチカラを育む基礎能力。 夢中になって遊びながら、自ら体感できたことこそが本物の力になります。 基礎がしっかりすれば、お子さまの伸びしろは、ぐんと広がります。

ブロック×手作業で、発想力が育つ

「ロボット教室」のロボットはブロックで組み立てます。
ブロックを手で触りながら試行錯誤し考える、という行為はアイディアが生まれやすく、
発想力が身につきます。

空間認識力がつく

ブロックをいじりながら、どんな作り方をしようかと考えるうちに、
頭の中で立体物が自由にイメージできるように。
この能力は、こどもの頃にしか養えないといわれています。

クリエイティブを生み出す感性を伸ばす

ブロックを使いイメージをカタチにすることは、モノを生み出すこと。
この時期のこども特有の豊かな想像力や自由な感性を表現できる喜びに、
こども自身が夢中になります。

力学、動力の仕組みを体感として学ぶ

ギアやモーターといった動力の仕組み、
さらに「てこの原理」や「摩擦の力」といった理科の知識を、
自分が作りたいロボットを通して体感しながら学ぶことができます。

1つのキットからいくつものロボットを作る

ヒューマンアカデミーロボット教室は同じブロックキットから何十種類ものロボットを作成します。
お子さまが試行錯誤しながら数多くのロボットを作成することが、様々な能力を引き出すきっかけとなるのです。

お近くの教室を検索して「体験授業」にご参加下さい!

体験授業に参加する

お子さまの声・ご家族の声

「最初は何だコレ?」って思ったけど、続けるうちに図面の見方がわかるようになりました。「どうやって組み立てるのかな」と考えることが楽しい。

(小学5年生 男子)

お母様のコメント

もともとブロック作りが好きで、小2から習い始めました。最近では、「研究したい」とか「家電を開発したい」とか将来のことを話してくれます。

将来は科学者になってドラえもんの道具とか作れるようになりたいので通い始めました。ロボット教室では仕組みとかがわかるので楽しいです。

(小学3年生 女子)

お母様のコメント

算数が好きでなかったので、理系に強くなるのではと思い、姉弟で習い始めました。楽しみながら創造力などを身につけてくれたらと思っています。

ロボット作りがうまくいかないときは、前のページに戻ってやり直しています。(テキストを見ながら)だんだんと出来上がっていくのが楽しいです。

(小学1年生 男子)

お母様のコメント

授業時間内にロボットを作り終えることができず、先生に残っていただいて授業後に作ったりすることもありますが、投げ出さずに最後まで頑張っています。

部品(ブロック)を使ってロボットが完成して動くときは本当にうれしい。ロボットは、ちょっと改造しています。むずかしかったけど、楽しかった。

(小学3年生 男子)

お母様のコメント

ロボット教室に通い始めてからパソコンに指示を入れて動かすプログラミングコースにも通いたいと言い始めたので通わせています。興味あることは、どんどんやらせてあげたいと思っています。

お近くの教室を検索して「体験授業」にご参加下さい!

体験授業に参加する

授業は月2回、月に1体のロボットが完成

ロボットの基本製作をする1回目と、レベルアップを目指して改造や工夫を試みる応用実践の2回目。
作ったロボットでの競争や、アイディアの交換など、お友達との交流が楽しめます。

  • 1回目(90分)|基本製作
  • +
  • 2回目(90分)|応用実践

コースは5コース、レベルアップしながら学びます。

5歳~
小学生~
小学6年生~
  • プライマリーコース
    12ヶ月

    ひらがなで読みやすく直感的に見やすいテキストをもとにロボットを完成させながら「学ぶ力」を育てる下地づくりを行います。

  • ベーシックコース
    18ヶ月

    テキストを見て正確にロボットを完成させながら、動きの仕組みや組み立ての構造を理解します。

  • ミドルコース
    18ヶ月

    より複雑な構造でさらに面白い動きをするロボットを完成させます。

  • アドバンスプログラミングコース
    24ヶ月

    図面のみを見て製作にチャレンジ。キットに付属しているタブレットを使用してプログラミングを行います。光センサーや音センサーを搭載した自律ロボットも製作。

  • ロボット工学
    +
    プログラミング
    ロボティクス
    プロフェッサー
    コース
    もご用意しています。
※プライマリーコース/ベーシックコースからの入会の場合は各コースの受講の前にスタートアップ講座(1ヵ月)の受講が必要となります。
※アドバンスプログラミングコースは最低12か月以上ミドルコースを受講した生徒が対象となります。
※進級は原則奇数月となります。

よくあるご質問

Q1 入会の対象は小学生だけ?

年長さんから中学生まで幅広いお子さまに通っていただいています。年長さんでもひらがなが読めれば可能です。

Q2 毎月ロボットが完成したら、保管に困るのでは?

毎月、同一のキットからロボットを製作するため、完成して遊んだあとはバラしてキットに戻します。そのためキットの代金(教具代)も初回のみ。また、整理整頓が身につき、ロボットが何体も溜まってしまうことはありません。

体験授業に出たら入会しないといけないの?

いいえ。そんなことはありません。体験授業で、お子さまが「自分で作って動かす楽しさ」や「理科の知識に触れた驚き」を実感される様子を確認してから、ご入会ください。

お近くの教室を検索して「体験授業」にご参加下さい!

体験授業に参加する

  • 東京大学でコンテスト開催

    全国の教室から選ばれたこどもたちが競う全国大会。スピードを競う部門とアイディアコンテストで全国1位を目指します。2016年度は東京大学安田講堂にて開催されました。審査委員長の高橋智隆先生も驚くほど年々レベルが向上していると注目されています。

  • さらにプログラミングを学びたいこどもたちへ

  • ロボットを組み立てて、プログラミングを使って動かすコース「ロボティクスプロフェッサーコース」も開講しています。このコースの監修・アドバイザーは千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)所長の古田貴之先生。古田先生は、福島第一原発に投入された国産ロボットの開発など多くの国家プロジェクトを手掛けておられます。ロボット設計カリキュラム、動作プログラム設計を本格的に学ぶための高度な専門コースです。

ロボット教室アドバイザー 高橋智隆先生からのメッセージ

こどもの頃に知った、ものづくりの楽しさ

小学校低学年の頃、家にあった「鉄腕アトム」のマンガを見てロボットを作るひとになりたいと思っていました。祖父がものを作ることが好きで自分の工作室を持っていたので、僕もブロックでせっせといろんなものを作っていました。

ロボット教室を作った理由

ブロックを使ってとてもシンプルな、だけど奥が深いロボットをこどもたちの手で組み上げていく。当時僕がブロックに向きあっていたのと同じように、ワクワクしながら創意工夫してもらう環境が作れるんじゃないか、そういう経験を広くロボットに興味を持っているこどもたちみんなに提供できたら、そんな思いで教室をスタートさせました。

遊ぶことと、学ぶこと、教育の理想型

楽しいけれども、ああ楽しかったで終わってしまうものでなく、遊んでたようだけどとても学べている、また次に学ぶ意欲に繋がるということが、僕は教育の理想型だと思っています。もともとこどもたちはロボットが大好きで、それを入口にして次第にロボットの奥深さに魅かれていって、そしてそれが科学全般であったり、算数や理科であったり学習すること自体への意欲に繋がっていくように感じています。

教室風景

お近くの教室を検索して「体験授業」にご参加下さい!

体験授業に参加する

© 2017 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.


TOP