オーナー様の声オーナー様の声

ヒューマンアカデミーロボット教室は、教室数・生徒数において国内No.1のシェアを獲得。
その実績と将来性にて、学習塾や習い事教室のオーナー様から高いご評価をいただいております。

北海道・東北エリア

  • 斎藤 洋子さま/仙台南中山教室(宮城県)
    ロボット製作を通じて、挑戦する喜びを体感してほしい。
    教室経営は初めてのことで不安はたくさんありました。しかし体験会のお知らせをしてすぐに予約でいっぱいになり、1年経つ頃には満席になりました。子どもたちの笑顔や、アイディアが浮かんだ時のキラキラした表情を見ると、教室を始めてよかったと思います。生徒は次の授業を心待ちにしていて、「他の習い事は休んでも、ロボット教室は絶対出る! 」という生徒もいるくらいです。授業を通して、挑戦する喜びを体感してもらえたらと思います。
  • 猪狩 憲一さま/富沢駅前教室(宮城県)
    子どもたちの人生の“糧”を築いていく教室です。
    “お勉強”以上に大事なものを伝えるための環境として、ロボット教室に大きな可能性を感じました。ロボット教室では、仮説を立て検証と分析を繰り返す経験ができます。これらは、子どもたちの人生において大きな糧になることでしょう。私の目標は「どうせ無理」根絶。三大会連続で全国大会進出者が出たことで、子どもたちの意識にも変化が生じているようです。ロボット製作を通して、チャレンジングな人生を送ってもらいたいです。
  • 酒井 里子さま/福島笹谷教室(福島県)
    運営は大変だけど、たくさんのやりがいがあります。
    授業では極力口出しをせず、子どもたち自身で考えてもらうようにしています。その方が完成した時の喜びも大きいと思いますから。生徒それぞれのレベルに合った授業、柔軟な発想を育成するにはどうすればいいかなど、教室を運営する上で考えることはたくさんあります。しかし、最初部品を組み立てるのに苦戦していた子どもたちが、だんだんとスムーズにロボットを製作できるようになるのを見ると、そんな苦労も吹き飛んでしまいます。

関東・甲信越エリア

  • 小井出 ゆう子さま/北千住駅前教室(東京都)
    楽しんで教えることで、生徒が増えていきました。
    ギアから組むキットを使用しているので、ロボットが動く仕組みを理解するにはとても良いと思いました。「たとえ生徒が1人でもやろう」と決め、とにかく楽しんで教えました。すると次第に口コミが広がり、生徒が増えたように感じます。子どもたちは、完成したロボットが実際に動いた時は本当に嬉しそうで、夢中になって製作に取り組んでいます。自分で考える力やチームで開発する力を養うために、今後は全国大会を経験させたいと考えています。
  • 平石 博志さま/江戸川大杉教室/東陽町教室(東京都)
    ロボット業界で活躍できる人材を輩出したい。
    ロボット製作を通じて、子どもの数学や理科への抵抗を少しでも減らせたらと思い加入しました。校門前でのチラシ配り、体験授業を繰り返すことで生徒数を増やしていきました。みんな試行錯誤しながらワイワイと課題に取り組んでいます。生徒間で教え合ったりなど、子どもたちの成長を感じることができるのもやりがいを感じる瞬間です。生徒の隠れた才能を発掘し、ロボット業界で活躍できる人材を送り出していきたいです。
  • 菅沼 博さま/古河駅前教室(茨城県)
    一生懸命な生徒の姿を見ると、頑張りをもらえます。
    まさに21世紀にふさわしい習い事だと思い、ロボット教室に加盟することを決めました。地元のスイミングスクールでチラシを配るなどして、地道に生徒を集めました。子どもたちは毎回楽しそうに授業に臨んでくれます。一生懸命製作する姿や、自由な発想からくるすばらしいアイディアに触れる時、とてもやりがいを感じます。今後はコンビニやスーパー、幼稚園などにもチラシを置いてもらい、生徒数100名を目指します!
  • 野口 和幸さま/越谷中央教室(埼玉県)
    生徒と信頼関係を築きながら、成長を見守ることができます。
    教室運営は9年目を迎えますが、開講当初は工作教室と勘違いされてしまうことが多く、生徒募集はスムーズではありませんでした。しかし、「空間認識能力・数的感覚・読解能力が身につけられる」と口コミで広がり、次第に生徒が集まるようになりました。長く続けることができるコンテンツなので、生徒と信頼関係が築けます。失敗の多い生徒ほど、完成した時の達成感は人一倍。生徒の成長を間近で見られることがやりがいのひとつです。

中部・東海エリア

  • 坂 達成さま/大垣久瀬川教室(岐阜県)
    “物づくりの楽しさ”を子どもたちに伝えたい。
    エンジニアだった経験を活かし、授業を通して多くの子どもたちに“物づくりの楽しさ”を伝えたいと教室を始めました。年齢や学校がバラバラなので、授業を選択コースにするなど飽きさせない工夫をしています。生徒は積極的に授業に参加してくれ、改造の授業では自分が工夫したポイントを誇らしげに教えてくれます。大人になっても、「先生、僕/私は今こんな仕事をしているよ」と教室を訪ねてくれる、そんな教室にしていきたいです。
  • 渡辺 哲也さま/西可児教室(岐阜県)
    楽しんでプログラミングを学べるいい取り組みだと思います。
    担当してくださった方が訪問して直接費用などを丁寧に説明してくださったので、教室に加盟することを決めました。最初は9名で始めましたが、1年目で20名近く生徒が増え、非常に楽しく授業を行っています。子どもたちの笑顔を見るととてもやりがいを感じます。この教室がきっかけで、理系の生徒がもっと増えれば嬉しいです。将来的には、プログラミングに従事する子どもたちを増やせるようなロボット教室にしたいと考えています。
  • 片岡 康平さま/大高青山教室(愛知県)
    “成長への意欲”を取り戻させることが私の使命。
    開講当初は生徒の人数が少なかったので、指導・運営方法を確立することに注力しました。幼児期には、「なぜ?」「どうして?」と興味を示し、「どうなっているの?」と観察して考える“成長への意欲”が旺盛ですが、小学生になると衰え始めてしまいます。子どもたちに本来の力を取り戻させることが私の使命です。ロボット製作を通して子どもたちが少しずつ成長していることを実感しています。焦らず長期的に取り組んでいきたいです。

北陸・近畿エリア

  • 小川 伸也さま/千里丘教室(大阪府)
    トライ&エラーでロボットを作る過程は、良い経験になります。
    口ベタなので授業を回していけるか心配でしたが、他の教室を見学し、現役の先生に相談することで事前に不安を解消しました。生徒募集は、近所の学校の校門前でチラシ配布を行い、初月で10人、2ヶ月目には20人の生徒が入会してくれました。様々な生徒がいますが、保護者の方に無理矢理連れてこられるような生徒はひとりもいません。これからも多くの子どもたちにものづくりの楽しさ、達成感を味わってもらいたいと思います。
  • 金井 進さま/狭山池前教室(大阪府)/和歌山ビッグ愛教室(和歌山県)
    ロボット製作を通して、“工夫”の大切さを伝えたい。
    ロボットを通して子どもたちの“未来づくり”に貢献できたらと思い、加盟しました。教室開設にあたり金銭面に不安がありましたが、大きなお金が不要だったので安心して始めることができました。当初は少人数でスタートしましたが、90分の授業があっという間に感じられるほど、私も生徒も楽しく取り組むことができました。人生、何事においても工夫することが大事。工夫の素晴らしさを一人でも多くの子どもに伝えていきたいと思います。

中国・四国エリア

  • 三浦 広志さま/倉敷宮前花の街教室(岡山県)
    保護者さまにも喜んでいただける教室です。
    体験教室に参加した男の子が、製作したロボットを保護者の方にうれしそうに披露する姿を見て、「開講して良かった」と心から思いました。楽しんでいる様子が決め手になったのか、そのご家族はすぐに入会して下さいました。他にも、集中して取り組むわが子を見て「こんな姿、初めて見ました」と驚かれる保護者さまもいらっしゃいます。学校では経験できない最先端の内容は、お子さまだけでなく保護者の方にも興味を持っていただいています。

九州・沖縄エリア

  • 中野 司さま/八幡東教室(福岡県)/小倉南教室(福岡県)
    自発的に学び、自分でよく考えることこそが成長の鍵。
    知人の子どもとロボットキットを組み立ててよく遊んでいたので、このような仕事ができたらと思い、ロボット教室を開きました。やりがいを感じるのは、生徒が自発的に学習するようになった時です。一方的に教えられている段階では、その知識はまだ役に立ちません。自ら学習を始め、自分で考えることが成長につながります。様々な個性を持った生徒が集まるので、それぞれの個性を最大限活かせるような教室づくりをしていきたいです。
  • 佐藤 誉夫さま/東福間教室/中間教室/小倉北教室(福岡県)
    手先を動かしながら学ぶことが一番良い勉強法です。
    理系の実践的指導ができることに魅力を感じ、教室開講を決めました。数名でスタートしましたが、そのぶん手厚い指導ができたので、生徒・保護者から信頼を得て、長期的なお付き合いをすることができました。子どもたちは、実物を見て触って、うまくいかない時は自ら考え修正し、感性を総動員して製作に取り組んでいます。丁寧で適切な指導はもちろん、教室全体で生徒のやる気やコンテストへの意欲を高めていきたいと思います。
  • 伊東 誠さま/野間大池教室(福岡県)
    “今”の子どもたちに合った指導を心がけています。
    エンジニアとして働いていた経験を活かせると思い、教室運営を始めました。最初は手がかかることも多いですが、コツコツ指導していると生徒一人で作れるようになり、指導する私にも、もっと進んだことを教えられる余裕が出てきます。どうすれば今の時代の子どもたちの心に届くのか、試行錯誤して成果が出た時はとてもうれしいです。昨年は全国大会に出場できたので、今年は優勝を目指して子どもたちと一緒にがんばっていきたいと思います。